【雑記】webGLとブラウザゲー


ここしばらくUnityの調べものをしているわけだけどwebGLについて資料があまり多くない。
WebGLビルドについて初めて知ったとき、スマホアプリとして出力できて更にブラウザで動く形でも出力できるって超すごいじゃん!って感激したんだけどまぁ考えてみればJavascriptでもCordovaなりなんなりでがんばればできたわけで。しかしやっぱり全く手を加えず単一コードでビルドできるって結構大きいと思うんだよなぁ。
なんてことを考えながら情報をあさっていたらWebGLゲームをまとめているサイトを見つけた

Y8.com-http://ja.y8.com/tags/webgl

webglgames-http://www.webglgames.com/

こうやってみると3Dゲームが目立つ。当然か。
3Dゲームをぬるぬる動かせるという強みがあるしその辺はフラッシュやJavascriptとは一線を画してる感がある。

Unity ロードマップ
私は英語が苦手なので全部読みこめている訳ではないけど、UnityのWebGLも今後まだまだアップデートされそうだし、ブラウザゲーの将来性って実はすごい高いんじゃないだろうか。

今でこそスマホゲー全盛期だけどそもそもスマホだってブラウザゲーできるんだ。
少年時代ブラウザゲーにのめり込んでいた身としては、また個人レベルで製作されたブラウザゲーが流行るのにちょっぴり期待してたりする。

DMMのゲームはうーんブツブツ・・・


あわせて読みたい